ETCカードとは、高速道路などにあるお金を支払う時に、ETCシステムを用いるために必要なICカードのことです。クレジット会社が提供するクレジット機能付きのカードと、クレジットなしのETCカードであるETCパーソナルカード、そして大口の利用や度々利用する人向けのETCコーポレートカードがあります。 ETCパーソナルカードについて見ていきます。東・中・西日本・首都・阪神・本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同して発行する通行料金の支払いに限定されたカードです。ETCパーソナルカードを利用して支払った通行料金は、口座から1ヵ月単位で引落しします。カードの運営に要する費用の一部を賄うため、カード1枚あたり1,200円(税込み)の年会費を支払う必要があります。 また、保証金の金額は人それぞれですが、10万円くらいのお金を預けておくと安心できます。TCコーポレートカードがあります。

クレジットの機能が必要ない人向けのカードです。クレジットカードのように保証金を預けておくことで利用できます。年会費も必要になります。 ETCパーソナルカード 申し込み手順は以下の通りです。申込書をサービスエリアで直接手に入れるか事務局に電話して郵送して貰う方法があります。ETCパーソナルカード事務局あてに郵送しましょう。また、同封されていた払込取扱票で保証金の振り込みをします。入金が確認されて初めてカードが郵送されて、届いたその日から利用できます。  メリットは、クレジットカードそのものを持っていない人や審査されるのが煩わしい人、クレジットカードの保管をしたくない人、悪用されても最小限に抑えたい人にとって便利なカードと言えます。 まだ申込みをしていない方は、通行料金の支払いでの時間の節約になるため利用してみてはいかがでしょうか。